ルドン - 秘密の花園 @三菱一号館美術館


.
■ルドン - 秘密の花園 @三菱一号館美術館
.
清宮質文が若い頃影響を受けたと云われているオディロン・ルドン。
そのルドンの展示が三菱美術館で行われていたので東京丸の内へ。
.
風景画コローの言葉、確かな存在としての樹木・不確かな存在としての人をモチーフとして制作された黒の時代。
それとは対照的に花や蝶をモチーフとして色鮮やかになる色彩の時代。 それらを中心に100点弱の展示。
大作 グラン・ブーケ(大きな花束)1901。 縦2.5m横1.6mと人間よりも大きいことからスケールだけで圧巻。 実物みるとホント感動(空間の雰囲気もあって)。
その他、ペイルルバードのポプラ 不詳、ロドルフ・ブレスダン《善きサマリア人》1861、夢想(わが友アルマン・クラヴォーの思い出に)Ⅵ.日の光 1891、蝶と花1910-1914 が特に気になりました。
.
作風を色彩豊かに転換する際にどんな心境だったのだろうか? 
また、色彩の時代でも黒の時代から通じる夢想的な感じ。色も加わることでさらに多義的。
主題が何たるかと明確にみえないのは多様性を追及していたのだかろうか? と思ってしまいます。
.
岐阜県美術館に250点超のルドン作品が収蔵されているようです。
こちらにも脚を運んでみたいと思います。 アポロンの戦車をみてみたいもので。
.
.
.
建築・アート・風景を中心に日々の思考を記録しています
その思いが建築設計とどう結びついていくのかご覧いただけたら幸いです
WORKS ⇒ http://amnhrs-a.jp/?cat=3
BLOG ⇒ http://amnhrs-a.jp/
.
#美術 #art
#オディロンルドン #秘密の花園 #三菱美術館
#リトグラフ #木炭 #油彩
#グランブーケ #樹木 #人 #蝶 #花
#カミーユコロー #風景画