建築巡礼_スナップ@東京3

■建築巡礼_スナップ@東京3
.
1963年、建築基準法改正によって日本でも超高層建築が可能に。
経済原理が強く人へのまなざしが薄い、「超高層の容積率を緩和(建物のみ)」によって多くの超高層建築がつくられました。逆に、人へのまなざしを少しでも高めたいと、「敷地内に公開空地を実現するために高層化を容認(空地と建物がセット)」という考え方で実現させることが余りできなかったようです。
当時、超高層建築が生み出す都市のあり様について多くの議論があったようですが。
.
.
.
□東京ミッドタウン 

□三菱美術館

.
今のミッドタウン、三菱美術館の外部空間の充実はいろいろな思惑があると思いますが、積極的に空地をデザインするようになった表れ。家のリビングのような感じで、人がとどまりやすい外部空間ができてくるのは良いことだなぁとみていて単純に思いました。
.
翻って地方にいると比較的近くに、当たり前にある緑(自然)。 だから普段それについて考えることはありません。
だからこそ、地方における都市(特に中心市街地)と緑の関係について考えてみたいです。
.
.
.
建築・アート・風景を中心に日々の思考を記録しています
その思いが建築設計とどう結びついていくのかご覧いただけたら幸いです
WORKS ⇒ http://amnhrs-a.jp/?cat=3
BLOG ⇒ http://amnhrs-a.jp/
.
#建築 #建築家 #architecture #architect
#設計 #設計事務所 #建築デザイン #デザイン #design
#建築写真 #architecturephotography
#公開空地 #広場 #緑 #オフィスビル #超高層建築
#東京ミッドタウン #三菱美術館
#日本 #東京 #丸の内 #六本木 #japan #tokyo